2017年03月24日

チーズケーキレシピ


最近ハマっているチーズケーキレシピをメモ。

糖質制限中に欲しくなるもの。それは甘味。
とにかく甘いものへの渇望たるやハンパない。
でもがまんを続けることはできません。
人はがまんに向いていない生き物です。
がまん、それは即負けを意味します。

根性なんてこのご時世無理ですってマジで。
だれもほめてくれませんしね。やり損です。

てな訳でケーキ食べたい!
どーしてもケーキ食べたい!
てな人にまずおすすめなのが、チーズケーキです。
ちなみに私がなぜチーズケーキをおすすめするかというと、
原材料で使っているチーズ、生クリーム、卵というのは
糖質がほとんど入っていない、超糖質制限向き食材だから。

市販は砂糖たっぷりだからな、って時はもう
えいやって一念発起して手作りすればいいんです。

簡単だから。
しかも市販より絶対美味しいから。

てか手間かけてでも甘味が欲しくなったらもう
糖質制限に成功しているようなものです。
どんな手間かけても美味しいもの食べたい、
それは決して罪なことじゃないのですよ。
それ受け入れて、ちゃんと自分を許してやりましょう。
うまーく糖質カットして、楽しく作って美味しく食べましょう!

続きを読む
【糖質制限の最新記事】
posted by K at 12:25| Comment(0) | 糖質制限

2017年03月23日

基本の糖質制限 栄養素編

生きていく上で必要とされる栄養素なるものリスト

1. 炭水化物
穀物、イモ類などに含まれる 炭水化物=糖質+食物繊維

単糖類(ブドウ糖)まで分解されて体内に吸収されます。
血中の糖はインスリン(Glut4)によってグリコーゲンとなり、
50%が肝臓にそして一部が筋肉細胞内にとりこまれます。
残りが運動中のエネルギーとして使われるのですが、さらに
余ったぶんが主に脂肪細胞内に取り込まれます。
これが脂肪細胞が大きくなる原因。

ひと昔前までは、脳のエネルギー源はブドウ糖のみとされてきました。
でも現在、その通説に変化が訪れています。


2. タンパク質
肉、魚、卵など。プロテインはこれがたくさん含まれた食品

筋肉や内臓、血液など、ヒトのからだを作る大事な材料です。
胃から出る胃液と膵臓から分泌された膵(すい)液でポリペプチドへ分解。
ポリペプチドは小腸でアミノ酸に分解され、腸絨毛の毛細血管から体内へ吸収されます。
ヒトには肝臓に運ばれたアミノ酸から赤血球を作るのに必要な糖を作る能力があります。

これを糖新生、といいます。

3. 脂質
動物性脂肪と植物性脂肪の詳しい話はまた今度。

ホルモンや細胞膜をつくる大事な大事な栄養素。
太るから油は減らす、と言いますが、それは大きな間違いです。
摂取した脂質が脂肪細胞内に取り込まれるのは、糖質を一緒に摂った時だけ。
極端な話をすると、油だけを飲んだって体脂肪として蓄えられることはない。

4. ビタミン
炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物の総称。

ヒトに必要なビタミンは13種類がみとめられています。
機能によって分類されているので、一概にビタミンAといっても
レチナール、レチノール、などさまざまな種類があります。
体内で酵素が活性するために必要な「補酵素」。
ビタミン欠乏症とは、ビタミン類を補酵素として利用する
酵素が働かず、機能不全が起きるわけです。


5. 無機質(ミネラル)
カルシウム、ナトリウム、鉄など体に不可欠な物質です。
例えば鉄などは酸素の運搬など、からだのさまざまな働きを
助ける役割を担っています。


以上の中で絶対に摂取しないといかんものは、炭水化物以外の4つ。

糖質がないと体で作れないものがひとつあり、それは赤血球ですが、
赤血球を作るのに必要な糖質は、しっかりとタンパク質や脂質を摂取
することで肝臓が糖を作り出すことができます。

これを糖新生、といいます。

つまり、炭水化物を積極的に摂る必要はない、ということです。

でもここで忘れてはいけないことがひとつあります。
タンパク質や脂質を「しっかり」摂ることです。

食事量を減らした糖質制限すると不調になるのは「しっかり」と
炭水化物以外を食べていないから起きるのですよ。

ではそこら辺の話は次回にでも。
posted by K at 16:07| Comment(0) | 糖質制限

2017年03月22日

このブログについて


みなさま、こんにちは。
ようこそおいでくださいました。

どうぞゆっくりしていってください、
当ブログ管理人のKと申します。

このブログでは管理人の好きなことだけを
つらつらと書いて行くだけのブログですが
中でも特に糖質制限をはじめとした「やせる」
方法に関する情報を書いていきたいと思います。

管理人はしがない場末の研究者です。
特にひとのからだの仕組みにとても興味があります。
特に、ひとを対象にいろんな研究をしています。

もちろん自分のからだでもいろんなことを試します。
中でも一番おもしろかったのが「やせる」ことでした。
やせて綺麗になりたい、というのは私だけじゃなく
男女問わずぽっちゃりに悩む全ての人にとって永遠の
テーマだと思います。

なんでカロリー計算してるのに太るんだろう。
なんで同じ食事で太る人と太らない人がいるんだろう。
体内への栄養摂取(in)と燃焼(out)のバランスが
カロリー計算上outが上回ってるはずなのになんで
体重が減らないんだろう。

たくさんのなんで?がここにはあります。
続きを読む
posted by K at 10:52| Comment(0) | はじめに